Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【ANAカード】三井住友VISAのANAカードのポイントサービスが改定 2024年4月22日から

   
【ANAカード】三井住友VISAのANAカードのポイントサービスが改定 2024年4月22日から

三井住友VISAがサービス提供するANAカードのポイントサービスが改定される。2024年4月22日から変更になる。

三井住友VISAのANAカード

自分がメインに使うカードだ。もう長いこと使っており、買い物で得たポイントは定期的にANAマイルに交換している。
マイルへの交換を有利にするため、ゴールドカードにしている。

ANAカード

ANAカード

コロナのころは旅行に行けずにマイルはAStyleで商品に交換したりもした。昨年からはやっと行く気になって、数年ぶりに飛行機に乗った。

年始の羽田空港の事故には驚いたが、きっと改善されてより安全になってくれるだろう。と願う。

ポイントサービスの改定

三井住友VISAのANAカードだけが対象だ。JCBやAMEXは関係ない。

三井住友VISAカードのポイントサービスは、周知のとおりVポイントと呼ばれておる。今春、VポイントはTポイントと統合される。
一時はどこの業界もTポイントだったが、伊雨間やTポイントにその見る影はない。そのため弱者連合、ともいえる統合だ。
ただ弱者が統合することで強者になる可能性はある。主にほかのサービスとの連携の弱さが弱者という定義になるが、ポイント交換をする予定がなければポイント交換先の選択肢は無関係だ。自分はANAマイルにだけ交換できれば十分だ。

またVポイントは最近はVアプリにチャージでき、お店でiDとして使うこともできる。ANAマイルに交換できないポイントはアプリにチャージできるので困っていない。

Tポイントとの統合により、4月22日から現状のポイントサービスが下のように変わる。

1 ポイント種別の細分化

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404 出典:三井住友VISAカード 以下同じ

従来はポイントは1種類だった。内訳でANAマイルに交換できるものがあったが、4月以降はポイントが2種類に分かれる。
ANAマイルに交換できるポイントと、できないポイントだ。
ANAマイルに交換できるポイントをVポイントとして使いたい場合は、いったんVポイントに交換する必要がある。
今までよりひと手間かかるようになるが、ANAマイルには1ポイントから交換できるので、Vポイントに交換するケースは少ないと思う。
なお、200円で1ポイントのVポイント付与は変わらない。

2 ポイント数表示

上記のようにポイントが2種類になるので、それが明確に表示される。

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404

3 自動移行サービス

VポイントからANAマイルへの交換を手動で申請することなく、Vポイント獲得すると自動的にANAマイルに交換するサービスが、自動移行サービスだ。
あまり使っていないANA JCBカードではこれと同じサービスを使っている。

8日頃までにVpassでサービス登録をすると、翌月中旬以降にANAマイルに交換できるVポイントが減産されて、翌月末にANAマイルに反映される。

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404

三井住友VISAカード ANAカード ポイントサービス改定 202404

Vポイントの期限切れを気にしなくてもANAマイルをためることができる。(ただしANAマイルの期限は気にしないといけない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です