Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【ANAカード】 ANAマイラーのマイル獲得に新しい手段が登場(2)

   
【ANAカード】 ANAマイラーのマイル獲得に新しい手段が登場(2)
 

ANAカードについての考察の続き。

連載記事はこちら
  

ANAマイルの貯め方の変化

前回はこちら。


ANAのマイルをためるといろいろないいことがあるが、一番は特典航空券だろう。
条件はいろいろあるが、自分の場合は以前、ヨーロッパにビジネススラスで往復したことがある。快適だったなぁ。
それ以外は物販をマイルで買えたり、ANAコインに替えて航空券の購入費用の足しにできる。

そういう制度も上級会員であればよりマイルがたまるようになっているので、皆が上級会員をめざして、意味もなく搭乗したりする修行僧が現れた。

コロナウィルスの流行で搭乗の機会が減り、思うようにマイルがたまらなくなった。
2年を経て、ANAがこの悩みに回答を出した。

ライフソリューションサービス利用者の

ANAによれば、搭乗以外のANA提供サービスの利用で獲得するマイルを少なくてもよい制度ができた。
ただし、年の途中で達成して上級会員サービスを開始できるプレミアムメンバー事前サービスの提供はない。

ANA ライフソリューションサービス

ANA ライフソリューションサービス 出典:ANA 以下同じ

条件は3つ。

ANA ライフソリューションサービス

ANA ライフソリューションサービス

  • プレミアムポイントの獲得
  • ライフソリューションサービスの利用
  • ANAカード、ANA Payの決済総額

具体的にはこうなる。

ANA ライフソリューションサービス

ANA ライフソリューションサービス

Super Flyers会員になるには、プラチナ会員にならないといけない。
通常は50,000ポイント必要だが、30,000ポイントの登場で済む。
エコノミーならLA往復を4回くらいかな。

ライフソリューションの中身

20,000ポイントの代わりに契約するANA提供サービスは、プラチナでは7つ以上だ。
では何を選択すればよいだろう。

前提として、ANAカード、ANA Payの決済サービス400万円は達成できるものとして話を進める。
(年間400万って毎月33万円以上なので、個人事業主でもなければなかなか難しそうだ)

どれもANA提供サービスであることに注意。

  • ふるさと納税
  • 保険
  • 住まい
    住宅の購入や賃貸契約、インテリア購入、リゾート会員権など
  • ANA Store @SKY、国際線機内販売
  • 空港内店舗
  • A-Style
    通販サイトでの購入
  • マイレージモール
    マイレージモール経由で何らかの購入、サービス利用
  • トラベラーズ
  • マイルがたまる加盟店の利用
  • ANAカードマイルプラス
  • ANAマイレージクラブモバイルプラス
  • ANAでんき

実用的なのかなぁ

1年間で50,000ポイント貯めるのもなかなかつらいのだが20,000マイルの代わりにこれらのサービスを利用するのも悩む。
家から一歩も出ない引きこもり生活中の自分が容易に使えるのは、

  • ふるさと納税
  • A-Style
  • マイレージモール
  • マイルがたまる加盟店の利用
  • ANAカードマイルプラス
  • ANAマイレージクラブモバイルプラス

ちょっとハードル高いができなくはないもの。

  • 保険
  • 住まい
  • ANAでんき

旅行に行けば容易なもの

  • 空港内店舗
  • トラベラーズ

以上から7つ選ぶとなると、最初の6つはやるとして、あとは旅行に行くしかないだろう。
どっちにしても30,00ポイントは飛行機に乗らないとたまらない。
空港での買い物、ホテル予約が適しているだろう。保険、住まい、でんきは人生で何度も替えるものでもないので難しそうだ。タイミングが合えばいいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です