Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【新NISA前哨戦】SBI証券、楽天証券、松井証券が為替手数料0円化

   
【新NISA前哨戦】SBI証券、楽天証券、松井証券が為替手数料0円化
 

1月から始まる新NISAに向けて、各証券会社のサービス、キャンペーンの競争が激しい。NISA口座を開いてもらえればそれなりの取引を見込める。
一方で選んでもらえなかった証券会社の今後はじり貧が予想される。
とうとう外国株式購入時の為替手数料まで0円になる競争が勃発した。

この証券会社の記事もチェック!
  

松井証券の発表

松井証券は12月1日、USドルと日本円の両替時の為替手数料について、無料とすると発表した。すでにプログラムで買い付け時の手数料を無料にしていたが、USドル売却時の手数料も無料にする。どちらも恒久的に無料となる。4日から適用されている。

松井証券 USドル 為替手数料無料

松井証券 USドル 為替手数料無料 出典:松井証券


新NISA口座を開設していると、US株の取引手数料が無料になるので、完全に無料でUS株を買えるようになる。
手数料のページはすでに無料となっている。

松井証券 USドル 為替手数料無料

松井証券 USドル 為替手数料無料 出典:松井証券

ほかの証券会社はどうだろうか。

SBI証券の動き

気づいていなかったが、松井証券の前にSBI証券が0円を発表していた。11月30日に告知し、12月1日から実施している。システムが改修できるまではキャッシュバックになるそうだ。

SBI証券 USドル 為替手数料無料

SBI証券 USドル 為替手数料無料 出典:SBI証券

ちなみに手数料の一覧ではまだUSドルの為替手数料は25銭と書かれている。

SBI証券 USドル 為替手数料無料

SBI証券 USドル 為替手数料無料 出典:SBI証券

SBI証券についてはこれ以前に住信SBIネット銀行と連携して手数料6千にする手があったのだが、調べようと思いつつまだできていなかった。
あっという間にSBI証券だけで0円になった。スピードが違うね。

楽天証券の動き

楽天証券はどうだろうと調べたら、こちらも12月1日に緊急で0円にしたようだ。

楽天証券 USドル 為替手数料無料

楽天証券 USドル 為替手数料無料 出典:楽天証券

5社の比較

ほかの2社はどうしているのかなと思ったが、松井証券に比較表が出ている。

為替手数料 証券会社比較

為替手数料 証券会社比較 出典:松井証券

SBI、楽天、松井証券は横並びで0円。マネックス、auカブコム証券は今のところ変える予定はなさそうだ。
マネックス証券はUSに子会社を置いて米国株を進めてきただけに、この競争に乗れないと打撃が大きいだろう。
auカブコム証券はあまり外国株を推進するつもりがないのかもしれない。

となると、SBI、楽天、松井証券は三つ巴で今後もサービス競争を繰り広げていきそうだ。新NISAの口座をこれから作るなら、コストが安いこの3社から選ぶことが吉であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です