Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

[更新]【4大ネット証券】SBI証券など投信のクレカ積立上限額が10万円へ引き上げ決定 キャンペーン開始

   
[更新]【4大ネット証券】SBI証券など投信のクレカ積立上限額が10万円へ引き上げ決定 キャンペーン開始
 

新NISAと半導体バブルで活況の証券市場。ネット証券大手のSBI証券がクレジットカードによる積み立てを従来の5万円から10万円に引き上げると発表した。
他のネット証券3社も同様に発表している。【SBI証券以外について追記しました】

この証券会社の記事もチェック!
  

SBIHDの発表

SBIHD(8473)の発表によれば、SBI証券にて扱う、クレジットカード決済による投信積み立ての上限が、従来の5万円から10万円に引き上げられることが決定した。

SBI証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ

SBI証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ 出典:SBIHD

金融商品取引業等に関する内閣府令が3月8日に改正され、上限が10万円になったため。

これにより毎月の積立投資枠をすべてクレカ決済で行い、ポイントを頂くことが可能。なお、SBI証券は三井住友VISAカードがお得。
開始時期、ポイント還元率は未定。

楽天証券の発表

現時点では楽天証券の方にはニュースは出ていないが、すぐに並ぶだろう。
楽天証券も発表している。3月10日の設定(4月分)から適用。楽天キャッシュでも購入可能なため、(楽天キャッシュには楽天カードからチャージする)合計15万円をクレジットカードで購入できる。
楽天証券は楽天カード。
ポイント還元率は、楽天カードは0.5%、楽天ゴールドカードは0.75%、楽天プレミアムカードは1%になる。プレミアムカードなら月1,000円相当の楽天ポイントが付与。

開始を記念したキャンペーンが実施中。6月30日までに下記条件を満たすと抽選で7,010名に最大10万ポイント、合計500万ポイントの楽天ポイントをプレゼント。

  • 楽天ゴールドカード、あるいは楽天プレミアムカードを作成
  • NISA口座で上記カードで投資信託を合計5,000円以上積み立て

マネックス証券

マネックス証券も発表。4月買付分(3月25日から申し込み受付開始)から10万円まで買い付けが可能になる。

マネックス証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ

マネックス証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ 出典:マネックス証券

株・投資信託ならネット証券のマネックス
開始を記念したキャンペーンを開催。

なお、ポイント還元率は、以下のようになる。そのまま1.1%が適用ではないのが残念。10万円の積み立てに対しては730円相当。

  • 5万円以下  1.1%
  • 5~7万円以下  0.6%
  • 7万円超  0.2%

auカブコム証券

auカブコム証券も発表。

auカブコム証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ

auカブコム証券 投信積み立て クレジットカード決済上限10万円へ 出典:auカブコム証券

auカブコム証券で使えるクレジットカードは、auPAYカードだ。
4月5日までに変更することで、5月からの積み立て分に対応する。
Pontaポイントの還元は1%。10万円なら1,000ポイント/月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です