Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【新NISA】投信1,000本が公表 どういう投信があるの?

   
【新NISA】投信1,000本が公表 どういう投信があるの?

2024年から変わるNISAの制度。新NISAで使われる投信が公表された。

新NISAの制度

もう開始まで半年になった。現状のNISAは終わり、NISA口座に入れた投信、株もすべて通常の口座に払い出されるという。

詳細は下記記事を参照。

新NISAでは積み立て投資枠が年間120万円の非課税枠で、投資信託のみの買い付けができる。
一方で成長投資枠は年間240万円の非課税枠で、株か投資信託の買い付けができる。
ただしどちらの枠も従来のNISAからのロールオーバーは不可という。新NISAの口座に入れられないのは何とかしてほしい。

投信の公表

開始まで半年に迫って投信が公表された。

新NISA 投資信託公表

新NISA 投資信託公表 出典:日経

早速1,000本を見ていこう。

投信の内訳

こちらで投信の名称と運営会社がわかる。

現在積み立てている、気になる投信を拾ってみた。

  • SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
    低コストでアメリカ市場のS&P 500に投資できる。積み立て中。
  • 朝日Nvest グローバル バリュー株オープン
    AVEST-E。以前買っていたがずいぶん手放した。アクティブファンドであるが、成績がとてもいいので気に入っている。
  • セゾン・グローバルバランスファンド
    中野会長の退任でこの先どうなるか不安がある。今まではよかったんだがなぁ。
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
    元は年金運用専用だったようだが、今は普通に購入できる。低コストで全世界に投資できるのだがそういう投資は今は多い。長年の運用によるアドバンテージがあるかな。
  • フィデリティ・米国優良株・ファンド
    投資を始めたころに初めて積み立てた銘柄。その後売却したのでほとんど残っていないが、残していれば2倍以上になったんだよなぁ。

投資信託|セゾン投信

他にもいろいろあるし最近の成績はあまり見てないので気になるものがあればチャレンジかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です