Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【株価】イオン(8267)が上昇 好調な業績が支え 

   
【株価】イオン(8267)が上昇 好調な業績が支え 
 

スーパーマーケットやショッピングモールを運営するイオン(8267)の株価が好調だ。
PB商品が好調で業績が良かったようだ。

この銘柄の記事もチェック!
  

イオンの株価

イオン(8267)の株価がいい。12月後半から上げ調子だ。3,500円前後まで上げており、この価格は2021年初頭の直近の高値並みになっている。

イオン 8267 株価

イオン 8267 株価 出典:SBI証券

2021年初頭の高値は直近では高値だった。昨今の市場全体の活況もあってあっさり更新しそうだ。
なお、上場来高値は2004年4月の5,220円。これを更新するのはまだまだ難しそうだ。

イオンの業績

高い株価を支えているのが、通期の業績予想の更新の発表だろう。

イオン 8267 業績報告

イオン 8267 業績報告 出典:イオン

年間の営業利益の予想が+9.1%。経常利益が+9.5%となっている。およそ10%の向上だ。
その理由を要約する。

  • PB商品の商品力強化
  • 収益構造改革
  • コスト管理の徹底

これらにより、収益性が大幅に改善し、営業収益、営業利益、経常利益が過去最高となった。これにより純利益が2018年以来の黒字に転換したという。
いい話ずくめだ。

今後のイオンの行方

PB商品の強化が奏功して、イオンは好調だ。我が家でもイオンのネットスーパーをよく使って、時短家事を進めている。
クーポンがあれば合計金額により配送料が0円になるので、見切り品を買うことはできないが店頭と全く同じ価格で買うことができて便利だ。
楽天のリーベイツ経由で購入すると、楽天ポイントも1%いただける。

こんな素晴らしい仕組みを提供しており、イオンは当面安泰に思える。
一時はスーパーマーケットの終焉といわれた。ライバルの7&i HD(3382)はコンビニは絶好調ではあるが、スーパーマーケットもデパートもいまいちだった。そのためデパートは売却され、イトーヨーカドーは閉鎖が続いている。

また、イオンの場合は株主優待も魅力だ。イオンモールでのラウンジや、キャッシュバックのあるオーナーズカード。どちらも個人投資家の心をがっちりつかんでいると思える。


株主優待については、1冊本を買って読み込むとよいと思う。

created by Rinker
日経BP 日本経済新聞出版
¥1,210 (2024/06/14 10:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
祥伝社
¥1,540 (2024/06/14 10:37:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です