Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【決算】楽天Gが2023年度決算を発表 モバイル事業は収益改善

   
【決算】楽天Gが2023年度決算を発表 モバイル事業は収益改善
 

日本最大級のECサイトを抱える楽天G(4755)が2023年度の決算を発表。27期増収増益で、連結売上高は2兆円を突破。

この銘柄の記事もチェック!
  

決算内容

楽天Gが2023年度の決算を発表。要点をかいつまんで見ていく。
資料はこちら。

連結売上高・営業利益

2023年は2.07兆円になった。10年前の2013年は500億円で40倍になっている。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算 出典:楽天 以下同じ

Non-GAAP営業利益は大幅に改善した。36億円の赤字ではあるが2022年度は-726億円だったので劇的な改善だ。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算


大幅な改善の立役者はモバイル事業の改善だ。366億円と半分の改善だ。もともと楽天Gの赤字転落はモバイル事業から来ている。モバイルの状況改善で元に戻りつつある。

フィンテックセグメント

金融に関する事業を楽天Gは持っている。楽天カード、楽天証券、楽天銀行だ。
これらについて、楽天カード、楽天証券の躍進がみられる。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

楽天カードでは楽天プレミアムカードの改悪があったりしたが、楽天証券は手数料無償化を始めた。
SBI証券とともに競争しているが、数々のキャンペーンにより口座数、投信積み立て設定額、売買代金など伸びている。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

モバイルセグメント

先ほど書いたように、モバイル事業の改善が続く。収益は大幅な向上は見られないが、赤字だった営業収益の改善、Non-GAAP EBITDAの改善が目立つ。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

MNOサービスの売り上げは好調。回線数は600万回線を超え、コストの削減は単月当たり-160億円と大きく下げている。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

モバイルの戦略はフェーズ3に移行する。黒字化し、他の3キャリアと並んで国内4大キャリアを目指していく。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

2024年末には800~1000万回線を目指すという。今は契約ユーザはSPUで+4倍になるので、楽天市場でポイントザクザクだ。
これを武器に獲得していくのだろう。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

また、通ひ鍼品質はローミングの開始で改善している。今は4キャリアでは2位だ。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算

株主優待

前回の株主優待についての記事はこちら。

今回の発表では以前の発表から変わった。
音声+データ通信用のSIMを12か月提供してくれるそうだ。月30GB使えるとなると、およそ36,000円の優待品といえる。利回りはかなり高い。

楽天G 2023年度決算

楽天G 2023年度決算


その代わり、今期は無配となったようだ。残念。

20204年度はまだ無理っぽいが2025年度には黒字に戻るのかもしれない。国産ECサイトは楽天市場にかかっている。頑張ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です