Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【TOB】キリンがファンケルにTOB ファンケルはストップ高

   
【TOB】キリンがファンケルにTOB ファンケルはストップ高
 

健康食品や化粧品でおなじみのファンケル(4921)に対して、大手飲料メーカーで健康関連事業を強化しているキリンHD(2503)がTOBを開始すると発表した。
買取価格は2,690円でその価格にサヤ寄せするようにストップ高になった。

この銘柄の記事もチェック!
  

ファンケル事業内容

ファンケルは通販が主力の無添加化粧品を展開するメーカーで、サプリや健康食品も扱っている。
キリンHDとは資本業務提携を結んでおり、製品の共同開発を進めてきている。

ファンケルの株価を見るとコロナ禍初年の2020年に4,000円を超える高値を付けた。おそらく通販で化粧品を変えるという点が評価されたのだろう。
しかしコロナ禍が終わり、人々が外に出るようになるとその優位性が崩れたのか、株価は下げている。
今年に入って2,000円を切る場面もあった。

ファンケル 240614

ファンケル 240614 出典:SBI

キリンHDによるTOB

大手飲料メーカのキリンHDではあるが、もともと協和発酵キリンなど飲料以外の事業も手掛けている。その一環でファンケルとも資本業務提携をしてきたのだろう。
オーストラリアの健康食品企業を昨年買収しており、これに続く事業拡大策の一環のようだ。

さらにこの分野の事業を進めるべく、TOBに動いた。
6月17日~7月29日まで、1株2,690円で総額2,200億円超で買い付ける。これによりファンケルは完全子会社となる。

キリンHD ファンケルをTOB

キリンHD ファンケルをTOB 出典:NHK

ファンケルの株価

TOBの開始を受けて、6月14日はストップ高になった。2284.5円になっており、上のチャートのように最後に突き抜けている。

この件は敵対的TOBではないようなので、円満に終わりそうだ。

PR

 
著者プロフィール
skyhighblue
本業はソフトウェアエンジニア。2005年頃に低い金利が嫌になり投資を開始。それ以来、ライブドアショック、リーマンショック、ウクライナショックを耐えて市場にまだとどまっている。日本の株主優待優待を中心に古くはBRICs投資、最近ではUSの個別銘柄にも投資。
他にはクレジットカードを用途別に使い分け、ポイ活も実施。常にお得な情報を探し、ふるさと納税も定期的に実施。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です