Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

e-Taxで接続障害 今日までの申請期限は個別申告で延長可能に

   
e-Taxで接続障害 今日までの申請期限は個別申告で延長可能に

国税庁のネットで確定申告できるe-Taxが昨日から障害に見舞われている。

障害内容

国税庁の発表によれば、断続的に接続しづらい状況が続いているそうだ。
これは今日が期限の確定申告の締め日であるにもかかわらず、復旧していない。

e-Tax 接続障害

e-Tax 接続障害


このため、国税庁の発表では、

期限内の申告が困難な場合には、本日中※1に書面により提出していただくか、個別に申告期限を延長して、後日提出※2していただくことができます。

※1 郵送等により提出される場合は、通信日付印(消印)が3月 15日であれば申告書の提出日は3月 15 日とみなされます。
※2 後日提出される場合は、次頁以降を参考に、申告書に「e-Taxの障害による申告・納付期限延長申請」である旨記載してください。この方法による延長申請ができる期間については、障害が解消した後に改めてお知らせします。

とのこと。

確定申告に対しての想い

自分はもう10数年確定申告をしているので、税金に対する感情が変わったと思う。

例えば株の売却益は総合課税が良いか、申告分離が良いか。e-Tax上で両方試すことができる。
税金は給料から引かれるものという認識だけであれば、こういう発想もできない。

それから、毎年2~3月だけってルールはやめてほしいものだ。自由に選べるようにすれば国税庁側も負荷分散できるだろうし、納税する側は仕事が忙しくない時期に対応することでWIN-WINになると思う。

ぜひ検討してほしい。法律があれば変えてしまえばよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です