Sky High Blue
楽天トラベル
JAL 日本航空
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【台湾選挙】与党民進党が勝利 しかしねじれ状態の立法院が不安

   
【台湾選挙】与党民進党が勝利 しかしねじれ状態の立法院が不安

先ごろ台湾の総統選挙があり、現総統の属する民進党の候補が当選した。政策は現状維持となるが、国会に当たる立法院が野党のほうが強く、政権運営は難しそうだ。

世界の選挙

選挙前後にテレビのニュースで見たが、日本で働いている20代の女性が選挙のためにわざわざ帰国して投票するという。
日本では近所の投票所へ行くことすら放棄する人が多い一方で、選挙、政治に対する関心の高さを見た。

そんな台湾の選挙に始まり2024年は世界中で重要な選挙がある。日本でも衆議院の解散選挙があるかもしれないが締めくくりはUSの大統領選挙だ。
現政権のバイデンが引き続き大統領になるのか、あるいは共和党が最終兵器・トランプ前大統領を繰り出してくるのか。次の大統領次第でウクライナ紛争、レバノンの紛争の状況が変わるかもしれない。見逃せない1年になりそうだ。

台湾の総統選挙

台湾の選挙は、与党民進党の候補者である頼氏が当選した。民進党は大陸の中国とは距離を置く方針だ。一方で落選した野党国民党は大陸と近づこうとしているし、民衆党はその中間だ。与党の勝利で現状の路線は継承されていく。

台湾 総統選挙 202401

台湾 総統選挙 202401 出典:NHK


台湾は現在ではPCやスマートフォンで使われるチップを多く生産する工場になっている。完成品の例えばiPhoneは中国で作られるとしても、その工場は台湾資本であるし、乗っているチップは台湾製が多い。
従い大きな政策が変わると電子部品の生産、供給にも影響が出るだろう。近年熊本に台湾のTSMC(TSM)が工場を立てているが、これも供給が突然途絶える懸念があって、生産拠点を分散させる意味でやっている。台湾のチップなければ、日本も組み立てられないものが多数出てくる。

問題は野党が多数派である国会に当たる立法院だ。どこの国でも行政と立法の政党が異なると運営が難しい。政策が停滞することは目に見えている。
台湾の民衆が進みたい道は理解できていないが、少なくとも四方を囲んで軍事演習をして脅すような状況は避けたいだろう。

台湾を代表するTSMCの株価は、選挙後にNYSEにて$10ほど上げている。選挙結果を好感したようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です