Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【キャッシュレス】「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」をひとつのアプリへ キャンペーン開催中

   
【キャッシュレス】「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」をひとつのアプリへ キャンペーン開催中

楽天の発表によれば、楽天が提供する3つのアプリを統合して提供するようにするそうだ。
対象は楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天Edyで、統合は2024年12月頃。合わせてキャンペーンを開催中。

発表内容

楽天から、楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天Edyの現状別のアプリを統合すると発表があった。統合時期は2024年12月ごろ。

楽天 アプリ統合 ペイ ポイントカード Edy

楽天 アプリ統合 ペイ ポイントカード Edy 出典:楽天ペイ

統合の背景

発表を引用する。

「楽天ペイ」アプリは、楽天グループのフィンテックサービスの“入口”としての役割を強化していきます。その第一弾として「楽天ポイントカード」アプリとの統合、次に「楽天Edy」アプリとの統合を行います。将来的には「楽天カードアプリ」の主要機能やその他の楽天フィンテックサービスのアプリの機能の搭載を計画していきます。

フィンテックサービスの入口という説明と、アプリの統合が結びつかない。
ただ言いたいことは、楽天エコシステムを使うユーザが気軽に決済するアプリとして楽天ペイを提供していきたいということのようだ。
その際に現状は分かれているアプリを統合したほうがユーザには使いやすい。楽天ペイで払う際にポイントカードアプリを別に見せるというのは何とも面倒だ。
自分の場合、イオンのアプリで買い物するときに、オーナーズカードを別に出し、さらに決済用のクレカも出す。手をもう1本欲しいくらいだ。
アプリが統合されたら決済もその際に付与されるポイントもスムーズだろう。

PayPayへの対抗

実際はこういう仕組みをしているアプリがある。PayPayだ。
PayPayはもとはQR決済アプリだったが、ポイントの管理もPayPayカードの紐づけもされている。上述の楽天との違いといえば、PayPayにはない電子マネーが統合されていないということだろう。楽天にはEdyがあるので統合したいようだ。

QRコード決済では大きくPayPayに先行を許している。その地位は簡単にはひっくり返らないだろう。
それでも追いつくためには現状のアプリ乱立ではだめと判断したのだろう。
ゆくゆくは楽天カードの機能も取り込むそうなので、PayPayとほぼ同じだ。同様のキャンペーンが乱発されたら、シェアが変わるかも。

キャンペーン

「楽天ペイアプリのポイントカードならポイント最大10倍!」キャンペーンを毎月実施するそうだ。

楽天ペイアプリのポイントカードならポイント最大10倍! キャンペーン

楽天ペイアプリのポイントカードならポイント最大10倍! キャンペーン

エントリーのうえ、「楽天ペイ」アプリ内の「楽天ポイントカード」のバーコードを提示して買い物をすると、以下の条件で通常の10倍の楽天ポイントをいただける。

  • はじめて利用する方はもれなく全員に
  • いつも利用している方は抽選で10,000名に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です