Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【改悪】PayPayのクレジットカードチャージに制限 囲い込み完了で転換を迎えたQRコード決済

   
【改悪】PayPayのクレジットカードチャージに制限 囲い込み完了で転換を迎えたQRコード決済

連休中にPayPayがとうとう発表した。

PayPayの発表

連休の谷間の5月1日にPayPayがクレジットカードからのチャージについて制限を設けると発表した。

PayPayチャージに制限

PayPayチャージに制限 出典:PayPay

この発表によれば、2023年8月1日以降はPayPayカード、PayPayカードゴールドのみがPayPayにチャージできる。また後払い機能を使うことで、今まで通りPayPay利用でありながら実態はクレジットカード払いの決済ができる。

PayPay発行のクレジットカード以外の登録はできなくなる。

締め出しの背景

まずはQRコード決済の戦場でPayPayが大きなシェアをとったことがあるだろう。
幾度も行った全額ポイントバックなどのイベントと、店舗に対して当初は手数料なしで加盟店を広げたことが奏功し、今やQRコード決済のシェアは50%に及ぶ(出典:MMD研究所調べ

このためいよいよ刈り取りフェーズに入るのであろう。十分種をまき栄養を与えたので、これからは適切な手数料を取ってビジネスとしていくのだろう。
シェアトップなので少々無理なことをしてもPayPayの利便性が変わらなければ顧客はそれほど離れていかないという自信があるのだろう。

そしてもう一点はクレジットカードの利用料負担の回避のようだ。
後払いでクレジットカードを登録した場合、利用時に決済手数料をPayPayが払っているようだ。おそらくクレジットカード手数料と店舗から得られる手数料が逆ザヤになっており、盛り上がるPayPay祭りと並行して、膨れ上がる手数料にPayPayが音を上げたのだろう。

8月以降の使い方

まず、PayPayカードを持ってない人は作ることをお勧めする。もちろん銀行からの残高チャージもできるのだが、デビットカード的な使い方になるので買いたいものを買えない可能性がある。
クレジットカードのいい点は後払いということだ。そのメリットがないなら現金と大差ない。

ソフトバンク系のキャリア決済でも手数料の設定がされる。一応手数料なしでチャージす方法はあるので、賢くチャージして使っていきたい。

PayPayのインストールはこちら。
iOS用

Android用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です