Sky High Blue
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【時価総額世界一】NVIDIAが時価総額世界首位に

   
【時価総額世界一】NVIDIAが時価総額世界首位に
 

年明けからのNVidiaの株価上昇は異様なのだが、とうとう時価総額世界一になった。この先どうなるのだろう。

この銘柄の記事もチェック!
  

NVidiaの時価総額

1月からもNVidiaの株価が上がっている。10分割してもその勢いは止まらない。
それは世界中のAIを提供する企業、AIを使う企業がGPUを欲しているからだ。
GPUはもともとはGraphic Processor Unit、つまりPCのCPUに対してグラフィックを専門に扱うプロセッサだ。
NVidiaは早くからGPUをグラフィック以外に使うことを考えていたようで、並列演算が得意なことからAIに向いていることを認識していた。
ちょうどディープラーニングが使えるとわかってきた2010年代からNVidiaの躍進は始まった。

当初は数あるPC向けグラフィックボードに載せるチップメーカの1つでしかなかったのに、AIブームに乗ってこの6月にとうとう時価総額は3兆3,340億ドル、526兆円になった。

NVidia 時価総額世界一 2406

NVidia 時価総額世界一 2406 出典:日経ビジネス 以下同じ

ここしばらくは時価総額世界一はアップルが一位だったがiPhoneの失速で伸び悩み、AIで攻勢をかけるマイクロソフトに抜かれた。そのマイクロソフトをあっさり抜いてしまった。
下のグラフをみればわかるが、2023年6月にはNVidiaの時価総額は1兆ドルだったが、株価の高騰で1年で3倍以上になった。

NVidia 時価総額世界一 2406

NVidia 時価総額世界一 2406

NVidiaの今後

NVidiaのGPUを使うAIライブラリは業界の標準になっている。これを覆すような勢力は今のところいない。インテル、AMDあたりが連合しても現状を変えることは難しいだろう。
当分はこの状況が続くとしたら、NVidiaの株価はいったい何倍になるのだろう。

PR

 
著者プロフィール
skyhighblue
本業はソフトウェアエンジニア。2005年頃に低い金利が嫌になり投資を開始。それ以来、ライブドアショック、リーマンショック、ウクライナショックを耐えて市場にまだとどまっている。日本の株主優待優待を中心に古くはBRICs投資、最近ではUSの個別銘柄にも投資。
他にはクレジットカードを用途別に使い分け、ポイ活も実施。常にお得な情報を探し、ふるさと納税も定期的に実施。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です