Sky High Blue
JAL 日本航空
本ページはプロモーションが含まれています。
  
 

【経済】日銀会合はどうなる? マイナス金利、ETF購入終了?

   
【経済】日銀会合はどうなる? マイナス金利、ETF購入終了?

来週、日銀の会合が開かれ、おそらくマイナス金利が解除される見込みだ。
これによってどういうことが起きるか考えてみよう。

日銀の会合

定期的に開かれる日銀の会合では重要な金融政策が話されて決まる。
日本はバブル期以来の経済の停滞のため、いろいろな政策をとってきた。
今も残るものがマイナス金利とETFの買い取りだ。

マイナス金利とは

日銀は銀行から資金を預かるがその際に利子をつける。この利子がマイナスになっている。
どういうことかというと、銀行が日銀にお金を預けると、利子を払わなければならない。

お金を預けたら利子を取られる!?

そんなのは誰だっていやだ。
だから銀行は日銀に預けるのではなく、資金を必要としている会社に貸す。資金供給量が増えるということだ。

景気が十分戻ってきたと日銀が判断すれば、マイナス金利を中止にする。その結果、市中への資金供給は減るかもしれないが、需要は十分あるという判断だろう。

ETF買取とは

前の黒田総裁が始めた株価対策だ。
日銀は紙幣を発行している。その紙幣で低迷する市場のETFを購入する。
資金の出どころは印刷機だ。無限に用意ができる。その資金でETFを買う。ETFは企業の株から構成されるので株価が上がる。

紙幣が増えればインフレになるのでは、って思えるが、日銀はそれも意図していた。

終了したらどうなるの?

マイナス金利は終了するようだ。
企業の決算を見る限り、多くの企業が好調だ。好調な企業は設備投資を行い、拡大生産に入る。その際に資金が必要になる。
日銀に預けている場合ではない。経済の好循環に入ることができる。

ETF買取はどうだろう。やめれば株価は下落しそうだが。年明けからの新NISA,海外勢の買い意欲は強い。
ただ最近はいったん調整になっており、4万円台から38,000円台まで下落した。海外勢は売り抜けたと考えてもよさそうだ。
残るは日本の個人投資家ぐらいだろう。ETF買取が終わったらさらに下落は免れられないと思われる。

日経平均の下落は、マイナス金利、ETF買取終了を織り込んだ動きと思われる。仮にどちらも終了になっても、36,000円台で止まるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です